個人のお客様(刑事)

刑事裁判においては、被疑者・被告人が罪を行ったかどうかを証拠に基づいて認定しなければなりません。もし無実の罪をかぶせられているのであれば、無罪獲得に向けた弁護人の活動が不可欠です。

罪を認めている場合であっても、被害弁償に努めたり、本人の更正意欲や改しゅんの情を裁判官に伝えるべく立証活動を行い、適正な刑が科せられるよう弁護することが重要になります。

被疑者・被告人には公正な裁判を受ける権利、弁護人を頼む権利があり、私たちは、これらの権利実現のために最善を尽くします。